交通広告で高い効果を出すためには?知っておきたいポイントなどを分かりやすく紹介します

このサイトでは公共交通機関を利用した交通広告で高い効果を出すために必要となる、ポイントなどを分かりやすく紹介していきますから、一度はチェックしておくことで効率的に広告を出すことができます。
広告自体もどんどん進化しているような流れもありますから、現在ではどのような状態になっているのかも説明していきます。
広告を依頼することになる制作会社がどのような点を重視しているのかも解説するので、実際に広告を出すときに役立つはずです。

交通広告で高い効果を出すためには?知っておきたいポイントなどを分かりやすく紹介します

交通広告は公共交通機関に広告を出すことで、多くの人に商品やサービスの情報を知ってもらうことができます。
高い効果を出すには実際に公共交通機関を利用する人にフィットする内容で、交通広告を出すのが大切になりますから、そのような点を意識していくと効率的に効果を上げていくことが可能です。
交通広告では申請をすれば、すべて通過をするわけではなく、厳しい条件が設定されているので条件をクリアしながら、効果的な広告に仕上げるのが何よりも大切になります。

交通広告にかかる費用相場はいくら?

交通広告は不測定多数の人の目に止まりやすく、高い訴求力を持っていることから様々なケースで使用されています。
交通広告には電車やバス、駅やタクシーなど表示させる場所によって広告媒体が異なります。
そこでこれから交通広告を利用したいと考えているなら、費用相場を詳しくチェックしておくと安心です。
例えば電車などに利用される社内ポスターの場合1万円からが相場であり、ステッカーなら5万円、デジタルサイネージなら10万円となります。
バスに貼り出される車内広告は3万円、車体広告は8万円から利用することが可能で、駅に表示される駅ばりポスターは1,600円からでデジタルサイネージは3万円からです。
タクシーは窓ステッカーが月額900円からで、ボディステッカーは月額1万円、デジタルサイネージは週25万円からとなるので、ある程度の費用相場を正しく理解し、広告の内容を考えどこに表示すべきか正しく判断するようにしましょう。

交通広告は複数回見てもらえる可能性が高い

数ある広告の中でも、多くの人に見てもらえる方法の一つに交通広告が存在します。
交通広告は電車やバスなどの公共の交通機関で見ることができ、よく車内のつり革付近や天井、駅の階段やホームの看板などで掲載される特徴があります。
毎日、通勤・通学では多くの人が利用することもあり、こうした利用者の中には何度も利用するので複数回にわたって見ていたりすることも多いです。
何気なく見ている広告が実は生活に密着していたり、何かのきっかけで思い出すこともできたりします。
関心がなくても、こうした複数回見てもらうことができると、何かのきっかけで思い出され、それによってよりクローズアップされた印象を与える効果があります。
交通広告では商品をそのまま宣伝したり、企業を紹介していたりすることもあり、中には目を惹きやすい脚色を施すパターンも存在します。
そういった場合には話題にも繋がることもあり、交通広告から流行が生まれたりする可能性もあり、メリットも比較的に多いです。

交通広告とSNSを連動させるケースが増えている

交通広告は電車やバスなどの交通機関の中吊りで宣伝を行っているパターンが多いですが、乗客は車内では本を読むかスマートフォンの操作、寝ていたりするのがほとんどです。
意外と交通広告をじっくり見ることは少ないですが、特に最近ではほとんどの方がスマートフォンを閲覧しているため、逆にSNSと連動させる宣伝をすることが多くなっています。
以前はURLが記載されており、それを入力することで紹介するページに至っていましたが、今はQRコードの記載が多いです。
QRコードをカメラで読み込めば、該当するページへ簡単に至るので、中吊り広告でもよく利用されています。
なかなか交通広告の宣伝がじっくり見られる機会が少ないのですが、それでも興味や関心を持ってくれた方にはQRコードを通じて情報を提供しやすいように配慮をしております。
このように交通広告ではただ単に宣伝をするだけでなく、SNSを連動させるケースによって濃厚に売り込みを図ることが可能です。

交通広告で企業やブランドの知名度アップができる

企業やブランドの知名度のアップに苦戦している企業が多くあると思われます。
知ってもらわないと製品を購入してもらったり、サービスを利用してもらえないので、まずは知名度アップに力を入れる必要があります。
そこで、交通広告を活用するべきです。
電車やバスなどの公共交通機関は通勤や通学で毎日利用するので、サラリーマンや学生などをターゲットにしたい広告に適しています。
看板やポスターを設置するのが一般的ですが、最近はデジタルサイネージでの交通広告も増えています。
駅の構内や車内にディスプレイを設置して、静止画や動画を流すことが特徴です。
ポスターなどより見てもらえる可能性が高いので、広告効果が高いことも選ばれている理由になります。
デジタルサイネージであれば時間や曜日に合わせて、広告の内容を変えられることも魅力です。
ポスターは時間ごとに張り替えることができませんが、映像であれば設定すれば簡単に流すことができます。

著者:阿部基哉

筆者プロフィール

京都府京都市生まれ。
交通広告に関する記事を書いています。
阪急の広告サービス